ちょっと気持ちが鈍くなってる?

マンガ・本のこと
01 /20 2016
このところ、本を全然読んでいません。
下に書いた本も読んでいると言うよりは、眺めているって感じ。

あ、もう一冊買ったのを思い出しました。
杉浦さやかさんの「おきにいりと暮らすABC あるく・みつける・たのしむ」。
大好きな杉浦さんですが、なぜか1ページを眺めるのにえっらく時間がかかります。

ところで、杉浦さんの本を見て安心するのは、「好きな物をたくさん持っていていいんだ」ってこと。
なるべく荷物を減らそうと思っている今日この頃ですが、ミニチュアとか豚や犬グッズとかやはり減らしきれない。
ちゃんとコーナーを作って、すっきり飾れたらいいんだよな、杉浦さんのように。
しかし、それまでが遠い私。

なぜ必要なものを片付けて、要らない物を捨てられないんだ?



(答え)気力がないから(^^;)

なんかいい起爆剤がないかな?


この前、何かを買いに行ったときに、ぐでだまグッズのイラストのセリフで「寝るのさえ面倒」みたいな言葉が書かれていた。
寝るのは好きだけど、ちょっと共感。
なんだろうね、このだるさ。てそい~(=_=)

人が漫画に近づいてきているのか?それとも・・

マンガ・本のこと
06 /05 2015
漫画「銀のスプーン」(著:小沢真理)がドラマ化されていますね。
(荒川弘さんの「銀の匙」とはちがいます。なぜか発売月が同じということが多く,紛らわしいです。ま、どっちも読んでいるからいいんだけど(^^;))
昼ドラです。ちらっとその情報を見たような気もしたけれど、すっかり忘れていて、先日初めて少しだけ見ました。

元々小沢さんの描く男の子(男の人)の顔は好きです。主人公級の男の子はたいていきれいな顔をしております

で、今回ドラマを見て、しみじみ思った・・。
最近の男の子は顔がだんだん2次元化(しかも美しい方)してきていると。
一昔前なら、ここまで漫画に違和感のない顔というのはなかったような気がします。
顔だけでなく体型もですよね。

「銀のスプーン」は病気になった母親の代わりに料理をし始めた男の子の話です。もちろんそれだけでなく、複雑な事情が絡んできますが、何しろ作る料理が美味しそう。漫画にはレシピも載っていて、見るのが楽しみです。(そのレシピを見て作ったことはまだないけどさ

続きを読む

よくわからないけど・・

マンガ・本のこと
12 /02 2014
おもしろかった。
ドミトリーともきんすドミトリーともきんす
(2014/09/24)
高野 文子



高野文子さんの本、久しぶりです。
これはウェブで連載されていたのかな? とも子さんと子どものきん子さんの家に学生が下宿していて、その学生さんとの話。
ただし、学生が湯川秀樹さんだったり、牧野富太郎さんだったりします。。。不思議な話。
4名の学者の本を元に、とも子さんたちと学生の会話で進んでいきます。
・・と、書いていてもその話の内容がほとんど理解できていないという私・・情けない(^^;)
だけど、なんだかおもしろいのです。
何度も繰り返し読んだらわかるようになるのかな。

一番、理解できたのは牧野富太郎さんでした。
「茶色の指」でことごとく植物を枯らす私ですが、ね(*^^*ゞ

そんな私の家にたったひとつ咲いてくれる薔薇。
この寒さの中、再びつぼみを持ち、真冬並みと言われる今日、花びらをしっかりと開いています。
DSC_0303.jpg
すごいね

読んだ本

マンガ・本のこと
08 /18 2014
久々に小説を読みました。
名もなき花の 紅雲町珈琲屋こよみ (文春文庫)名もなき花の 紅雲町珈琲屋こよみ (文春文庫)
(2014/07/10)
吉永 南央

商品詳細を見る

このシリーズが好きです。が、読んだあと何とも言えない寂しさが残る・・・そこがいいのかもしれないけど。

読んだ本

マンガ・本のこと
07 /12 2014
最近、ホント、本を読まなくなった。正式には小説を読まなくなった。
もっと正確に言うと長編小説を読むパワーがなくなってきました。
マンガも長い連載物がしんどくなってきてます。家族も読むので買ってはいても、私はまだ読んでいない本が多い今日この頃。

そんな感じですが、今、一番先が気になっているのはこれかな?
月影ベイベ 3 (フラワーコミックスアルファ)月影ベイベ 3 (フラワーコミックスアルファ)
(2014/05/09)
小玉 ユキ

「おわら」の町、転校してきた女子高生:蛍子と、彼女に惹かれる男子高校生:光。光の叔父と蛍子の秘密が徐々に明かされていきます。この叔父:円さん(表紙の人)が妙に粋というか色っぽいというか・・。
「おわら5(ファイブ)」と言われている高校生の男の子達もかっこいい(^^) 絵の中で、まるで生き生きとした踊りがはっきりと見えるようで、児玉ユキさんの表現力は相変わらずすごいなあと思います。



ピアノの森(24) (モーニングKC)ピアノの森(24) (モーニングKC)
(2014/05/23)
一色 まこと

いよいよショパン・コンクールファイナル最終日。こちらは絵をみるだけで音楽が聞こえてきそう・・・感動でした。

読んだ後で余韻に浸っておりましたが、なぜCD付きの特別版を買わなかったのか激しく後悔

CD付き ピアノの森(24)限定版 (モーニングKC)
CD付き ピアノの森(24)限定版 (モーニングKC)
(2014/05/23)
一色 まこと

商品詳細を見る

これはやはり高くてもこっちを買うべきだったよー




限定復刊 ぶたのうたこさんのえほんセット(全3冊) (ブルーナのうたこさんのえほん)限定復刊 ぶたのうたこさんのえほんセット(全3冊) (ブルーナのうたこさんのえほん)
(2014/05/09)
ディック・ブルーナ

こちらはずっと探していた本。復刊になったのでついついまとめて買いました見ているだけでほんわかする~。



絵本と言えば・・
ずっと探していた「おばけのえんそく」。
それは幼児本の月刊誌の中にあって、一冊の本として出されていないのですが、同じ作者の方が同じおばけの絵本を出版しました。
おばけぼうやのかいすいよくおばけぼうやのかいすいよく
(2014/06/17)
わたなべ ゆういち・作絵

そうそう!このおばけだ!。。出会えてうれしい限りです
いつかは「おばけのえんそく」も本になりますように。

柿実

漫画・犬・ブタ・ミニチュア・絵本・食べ物の出てくる話、昔?のロック・スキマスイッチ・SMAP・スピッツ、忌野さん好き(^^
細々と極々小学習教室も続けています。



小さい白い犬みーちゃんは2011年1月21日に、大きい犬のリーは2012年4月19日に虹の橋を渡っていきました。
2013年8月24日に再び犬との生活がスタート!
「このワンコは末っ子(最後の飼い犬)になるだろうなあ。」と思うせいか、つい甘くなり、躾のできていない自分を反省する今日この頃。
(2014年9月3日・記)