FC2ブログ
--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20:15:05
20

決めつけない!

一昨日は朝早くに母から電話が来て、実家に来て欲しいとのことでした。
父が腰を痛がって整形外科に連れて行って欲しいとのこと。
その日は勉強に子どもが来る日だったので、“夕方までに帰ってこられるなら大丈夫だよ!”と出かけました。

実家に着くと、父がやけに元気がなくて急激に老けたというか小さくなったような気が・・。
よほど痛いのか、体調が悪いのか?
しかし、病院に行こうというと父の方が「もう少し様子を見てから。」と急に渋り出しました(^_^;)
じゃあしばらく様子を見ようということで、私は横になってました。(実は私もあまり調子はよくなかった(-_-)。今、歯の治療中で歯が痛いのもあったけど、妙にぼーっとしていて実家までの運転に集中するのにパワーを使い果たした感じで、正直な所、横になれてうれしかったのでした^^;)

母の方は自分の病院に行く日だったので、しばし父とふたりきり。
そのうち腰はいいから肩をもんでというので肩もみをしながらいろいろ話をして様子を窺っていました。
話し出せばいつもの父かな?という感じもしたのですが、なんか違和感が。
老人うつっぽいのかな?と疑ったりして・・・。

そのうち自分も帰らないといけない時間になったので、病院から帰ってきた母に「なにかあったらすぐ連絡して。」といい家に帰りました。
でも、私が帰った後、元気が出たのか父がシチューを作ったということだったので安心していたのですが。

そして昨日。朝と昼に電話をかけたら「調子はいいみたいだよ。肩は痛いといっているけど。」という母の話。父とも電話で話してよかった~と安心していました。
が、夕方に急に「病院に行く!MRIを撮って貰う。」と父が言い出したと、母がパニック気味で電話をしてきました。
私が「主治医はもういないから、病院に行っても内科のほうでしか診てもらえないけど、行ってみたら落ち着くかもよ?」と言うと、ちょうど弟1が実家に来て、とにかく父の話を聞いてみると。
そしたら、しばらくしてまた電話。
父が発熱しているから内科に連れて行くとのことで、ふらふらしている父を支えられないからと弟2も呼び出して連れていってくれました。

結果はなんとインフルエンザ(@_@)
熱が39度以上あったようです。

私が覚えている限り、父がインフルエンザにかかったことはなかったような。
腰が痛かったのもそのせいだったのかもしれません。(肩こりはいつものことなので、気にしていませんでした(^^;))
それにしても一昨日、まだ発熱はしてなかったかもしれないけど、熱を測るべきだったな・・・と反省。
咳が出るとか喉が痛いとか他の症状がなかったので、全くインフルエンザとかうたがってませんでした(=_=)

そういえば、最近よく読む介護中心のブログで、年配の方が気づかずに発熱していることはけっこうあるんだな・・と学習したばかりだったのに(>_<) いつもとは違うと言うことは感じていたのに、「老人うつ?」と半分決めつけていた自分が恥ずかしい。いろいろな角度から見ておかないと・・・。

父は薬が効いて、今日は三七度台にさがったらしい。食欲はいつもよりはないけれど、食べてるし動きもだいぶよくなったとのこと。一安心しました。
母にうつらないか心配なので、母にも熱をきちんと測るように言っておきました。(自分もだけどね(^^;))

それにしてもね-。油断大敵。

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。