FC2ブログ
--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
17:57:51
08

『GW』を体験!

GWも終わりましたね。
人混みがダメな私はなるべくGWに混みそうな場所はさけて過ごすのですが、今回は否応なしにど真ん中に。

ダンナは娘夫婦と旅行に行きました。私も誘われましたが、上にも書いた通り、人混みはちょっと・・・と、今回も犬と留守番を選びました。この間に大掃除だ!と思いつつ、ぐ~たら過ごす私と犬。
そんな中、熊本から姉が帰省してきてました。

姉たちは家が倒壊しないことが証明されたので、避難所から家に戻っていました。
しかし、まだお店も完全に開いていないようで、まだまだ大変そうです。
でも、とりあえず家にも戻れたので、実家の両親に顔を見せて安心させるのと、地震で使えなくなった物を買いに帰省したわけです。
私も姉に会いたかったので、実家に足を運びました。
道は混むだろうと予想して、行きは遠回りにはなるけれど山道から街中の実家に行きました。

姉の顔をみてほっとして、買い物にも連れて行くことができて、よかった~

で、犬を留守番させているから帰るね・・・・と夕方5時半頃実家を出ました。
帰りの道はどうするか?
距離の短い海沿いの道。
遠回りの山の道。
どっちにしようかな・・と思ったら、県警近くの電光掲示板に「海沿いの道の入り口1㎞の渋滞」との表示が。
それをみて「1㎞ならたいしたことはないな。」と思い、海の道を選択。

これが大はずれ

街中はすいすいでしたが、海沿いの道になった途端に車が渋滞。しかし、その場所は想定内だったので、「ここさえ抜けたらゆっくりでも進むだろう!」と楽観していたら、全然進まない。

途中で「事故車あり。注意!」の看板あり。
さらに衝突事故も起こったようで・・・。
ンダモシターン!!

と、鹿児島弁で叫んだほど。



進まない、景色が変わらない道をじっと耐えて。
事故だけは絶対に起こしたらいけないと緊張しつつ、少しずつ少しずつ進んで、帰り着いたら、もう8時半でした。いつもは50分くらいの道。それを3時間かけて帰ることになるとは!

ニュースで「渋滞」を見るたびに「みんな忍耐強くてすごいな。」と思っていましたが、しっかりはまった私。
3時間は短い方なのでしょうが、私にとっては長い長い時間でした。
来年は・・・・きっと家に閉じこもっていることでしょう。、






これも一種の「閉所恐怖症」なのか。身動きが取れない場所にいるとものすごく不安になるのです。
それでも、車の中にひとり。好きなスキマスイッチの曲を聴いたり、たまに桜島をみたりして気を紛らしていましたが、2回ほど大きな危機が・・パニの発作がでそうになってしまった
急に息苦しくなって、指先が冷たくなり、「やばいよ、やばいよ」状態でした。動悸が酷くなる前に頓服薬を飲んで、窓をあけて空気を入れ換えて深呼吸をし、「大丈夫、大丈夫、大丈夫」「犬が待ってる。犬が待ってる」と繰り返し言いながら、なんとか乗り越えましたが、ホント恐かった~ ちょっと休憩するにも停めるスペースもないのです。
頓服薬が効いて息も整ってきたら「よかった;;」と半泣きでしみじみ思いました。
帰り着いた時にはぐったりでしたが^^;、人に迷惑をかけずにすんで、そして無事に帰り着いてよかった~。

次は、絶対に休憩するスペースのある山の道を帰ります

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。